Webhook

ロボット実行完了などのイベントを通知する先のWebhookを管理します。

この機能を使えるのは組織の管理者のみです。

Webhookを登録するとロボット実行完了などのイベントが指定したURLに送信されます。API利用時のロボット実行完了の監視や他システムへの通知などの利用用途を想定しています。

Webhookを受けとるにはcobitから接続可能なURLと、そこで動くプログラムが必要です。Webhookの詳細な仕様はこちらを参照してください。

Webhookの一覧表示

ナビゲーションメニューの環境設定をクリックすると環境設定画面中にWebhookの一覧が表示されます。

list.png

Webhookの登録

新しいWebhookを登録でWebhookが登録できます。

create.png

URLhttp://で始まっている場合、通信路は暗号化されません。
署名鍵が設定されている場合、設定された署名鍵を使って送信元がcobitであることを保証する署名が送信されるリクエストに付与されます。cobit以外からの不正なリクエストを防ぐために、なるべく署名を設定し検証することをおすすめします。

Webhookの編集

Webhookを編集するには 一覧の edit をクリックしてください。

Webhookの削除

Webhookを削除するには 一覧の delete をクリックしてください。