対象を選び直す

仮想ブラウザで選択した対象の要素を広げたり狭めたりする操作が行なえます。クリック操作だけでは テキストの入力 の入力欄や、テキストの取得 で取得したい要素が選択できない場合にこの操作を利用します。

仮想ブラウザ上で選択可能な要素をクリックして、再び同じ要素をクリックします。

reselect element browser.png

選び直す対象の候補の一覧のダイアログが表示されます。候補の上にマウスカーソルを移動すると、仮想ブラウザ上でその候補が対象とする要素のまわりに緑色の枠が表示されます。

reselect element select browser.png

望みの候補をクリックすると操作対象がその候補に変更されます。その後テキストの入力などの操作を行ないます。