cobit hub

お客様端末に常駐プログラムをインストールし、cobitとの間にセキュアな通信経路(接続ルート)を確立します。
これによりロボットがお客様端末を通して、通常cobitからアクセスできない社内ネットワークなどのWebシステムへアクセスできるようになります。
(使用前に、アクセス対象のネットワーク管理者の承諾を得るようにして下さい)。

【cobit hub構成イメージ】
cobit hub image.png

本機能は有償オプションです。 詳細は営業かサポートまでお問い合わせ下さい。

使用方法

  1. 環境設定にて接続ルートを作成し、クライアントをダウンロードします

  2. ダウンロードされた cobit-hub-client.zip を展開し、 install-windows-386.exe を実行します(cobit-hub-client というWindowsサービスプログラムが端末にインストールされます)。

  3. ロボットの設定の接続ルート で、1で作成した接続ルートを選択します

一台の端末に cobit-hub-client プログラムは1つのみインストールできます。
また使用中止等に伴い、端末から上記プログラムを削除する場合は、 uninstall-windows-386.exe を実行して下さい。

cobit-hub-clientインストール端末に要求されるスペック/環境条件

  • OSはWindows10を推奨

  • 端末から、外部サーバ tunnel.cobit.biztex.co.jp の443番ポートへ接続可能

仕様

  • 組織毎に複数の接続ルートを作成できます。

    • 通常、1つのネットワークに対して1つの接続ルートを用意します。

  • 作成した接続ルートは複数のロボットで利用できます。

  • また、それらのロボットを同時に動作させる事ができます。

  • ロボットの動作時は、先の cobit-hub-client プログラムがインストール端末上で起動している必要があります。

  • cobit - cobit-hub-client インストール端末間の接続は暗号化され、通信データが盗聴/改ざんされる恐れはありません(cobit-hub-client インストール端末から先の通信については、対象ネットワークの環境に依存します)。

  • 通信経路は cobit-hub-client インストール端末⇨cobitへの接続によって作られるため、端末側ネットワークのインバウンドを緩和する必要はありません

想定される用途

ロボットから社内Webシステムへアクセスする

インターネットからの接続を拒否している社内ネットワークのWebシステムへ、ロボットのアクセスを通すことができます。

特定のネットワークからのみの接続を許可されているWebシステムにアクセスする

ロボットは cobit-hub-client のインストール端末を通して通信するため、端末から接続できるWebシステムへロボットのアクセスを通すことができます。

通常cobitからアクセスできないWebシステムにアクセスする

上記に同じ。

トラブルシュート(うまく動かない時は)

お客様にてご確認頂きたいこと

  • cobit-hub-client サービスが、インストール端末上で正常に起動していることを確認する

    • Windowsスタートメニューから「サービス」を開き、cobit-hub-client の状態が「実行中」となっていることを確認してください(実行中でない場合は、「サービスの開始」で起動してください)。

  • ロボットの設定にて、正しい(意図した)接続ルートを選択していることを確認する

上記で解決しない場合

お手数ですが、下記2つのファイルを添付の上、 support@biztex.co.jpまでお問合わせ下さい。

  1. cobit-hub-client インストール端末上の C:\cobit\cobit-hub\client-info.json ファイル。

  2. cobit-hub-client のWindowsイベントログ(evtx)ファイル(取得方法は下記)。

cobit-hub-clientのwindowsイベントログ(evtx)ファイルの取得方法

下記1、2いずれかの方法で、evtxファイルのエクスポートを行ってください。

1. windowsイベントビューアーからのエクスポート

1-1. Windowsスタートメニューから「イベントビューアー」を起動し、画面左paneで Windowsログ→Application を選択する

1-2. 画面右の 操作 paneで 現在のログをフィルター をクリックし、イベントソースに「 cobit_hub_runner 」と入力し、「OK」を押す

windows event viewer filter.png

1-3. 画面右の 操作 paneで フィルターされたログファイルの名前を付けて保存 をクリックし、evtxファイルを保存する

2. コマンドプロンプトからのエクスポート

Windowsスタートメニューから、管理者権限で「コマンドプロンプト」を起動し、下記コマンドを実行する。

wevtutil export-log application C:\cobit_hub_runner.evtx /q:"*[System[Provider[@Name='cobit_hub_runner']]]"

Cドライブ直下に、cobit_hub_runner.evtxファイルが保存されます。