サービスアカウントを利用したGoogleスプレッドシートの連携設定

[お勧めの運用方法] サービスアカウントは組織で1つのみを作成し、Googleドライブでcobit連携用のフォルダを作成してください。そのフォルダに以下で作成するサービスアカウントを共有させる事でフォルダ内のGoogleスプレッドシートをcobitの連携する対象とさせます。

Googleサービスアカウントの作成

BizteX cobitとGoogleスプレッドシートを連携させるためにはGoogleが用意しているGoogleサービスアカウントを作成する必要があります。

Googleサービスアカウントの作成について、Googleのアカウントを管理されている部署・人に確認を取ってください。なお、この連携によりGoogleでの費用が掛かる事はございませんが、Google側の変更により有料となる可能性がある事は予めご了承ください。

プロジェクトの作成

Googleスプレッドシート連携で使うためのGoogleプロジェクトを以下の手順で作成します。

  • ご自分の会社用Googleアカウントでログイン

  • 以下のサイトにアクセス

  • 上部メニューのプロジェクトを選択を選ぶ

create project1.png

  • 右側のプラスボタンを押す

  • プロジェクト名を入力して作成ボタンを押す

create project2.png

  • 作成したプロジェクトを選択する

先程作成したプロジェクトをプロジェクトを選択から選択します

APIを有効にする

Googleスプレッドシート連携で使用するAPIを有効化します。

左側ナビゲーションのライブラリを選択し、APIとサービスを検索

navigation.png

  • Drive API

  • Sheet API

を各々検索し、リンク先のページで有効化します

サービスアカウントキーを作成する

APIを利用する際の認証には以下のように3パターンほどあるのですが、今回はサービスアカウントキーを作成します

  • 左側ナビゲーションの認証情報を選択

navigation.png

  • 認証情報を作成からサービスアカウントキーを選択

create service account1.png

  • アカウント名を入力し、役割を指定、キーのタイプはJSONとする

create service account2.png

NOTICE: アカウント名は適切な名を入力してください

Googleスプレッドシートの共有

先程作成したサービスアカウントがアクセス出来るように共有します

共有するためのサービスアカウントのメールアドレスを取得

manage service account.png

ナビゲーションの認証情報からサービスアカウントの管理のリンクをクリックします さきほど作成したサービスアカウントからサービスアカウントIDをコピーします

サービスアカウントIDapitest@spreadsheetapitest-xxx.iam.gserviceaccount.com のようなアドレスとなっています

フォルダもしくはスプレッドシートへサービスアカウントを共有させる

share sheet.png

共有させたいフォルダもしくはスプレッドシートの共有設定を開きます。 追加ユーザーにさきほどコピーしたサービスアカウントIDをペーストし、権限は編集者とします 送信ボタンで共有を確定してください

作成したサービスアカウントをcobitに登録する

先ほど作成したサービスアカウントを、アカウントのGOOGLE認証ファイルへ登録してください